理想の斜め下

We wasn't dead...

SHOWとmuseum

東京オートサロンのまとめとか目にするようになったんですが。

車の隣のコンパニオンの皆さんね、過激っす。

なんかこう、オートサロン行きたいけど、既婚で子持ちには敷居が高くて、色が強すぎて、なんともしがたい人たちが一定量いるのではないかと

フルカスタムという領域の原形をとどめぬ車両も良いし、ヒドゥンみたいな技術、もっと言えばスリーパーみたいな個人的には渋いカスタムと思ってるところをゆっくりみて回りたい。

でも、独り身時代華やかなカーショーを体験することは楽しんでいたわけだし、それを辞めろとは言えないので、

カーショーの日とカスタム技術展覧会みたいな日でわけてくれないかなと。
こんなにカスタムしたったぜーっていうカーオーナーが自慢をしあう1日と、カービルダーがこんな風にカスタムしたんだぜーっていう技術アピールの1日。

どうだろう。カスタムした車が好きな人間と、車をカスタムする手法に興味がある人間。

どうしてもモノを展示する限り、完成した物体を見ることになるんだけど、例えばフレーク使ったパターン塗装が何コートだよとか、オーディオのハーネスレイアウト凝ってるなぁとか、内装が純正のように違和感ねぇわぁとか、それを可能にする技術やらアイデアを完成物から感じれる人は一握りなんかなぁ。

レストア動画とか、分解のタイムラプス動画とか、見ててワクワクする自分としてはカスタムのタイムラプス動画とか試行錯誤の動画とか見たいと思う。

公開する側は嫌だろうけど、決して依頼主に苦労を見せないってのが依頼された側の意地というか本懐って感じ?