読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の斜め下

We wasn't dead...

【お題】ペーパードライバー【印象に残っている新人】

[お題]今週のお題「印象に残っている新人」

免許

今、勤めさせてもらってる会社は免許必須だったりする。
最近はAT限定の新人も増えて、古いトラックはMTだったりするので運転できませんという事態がまぁまぁ発生する。
AT限定が悪ではない。古いトラックを更新しないのが悪なのだと個人的には思う。

ペーパードライバー

免許は取りました!車は買ってません。という状態も最近はマイノリティじゃないしそれも当然と思う。
その場合、古いトラックをATの新しそうな車両に更新しても突然トラックなんて運転できません!となる。
確かに、新人に運転させて車両をぶつけたりすれば怒られるのは運転させた私であり、トラックを運転できる技能を身に付けさせるのは相手にもよるが時間が必要。しかしそんな時間は計画されていないのが実情。
あ、思い付いた。スキルハラスメントだ。スキハラだ。なんか食え。違う。
運転技能って色んな車種を乗り比べることじゃないと思う。
経験なんだよね、結局。どこに気を付けてどこを目標にするか。レースゲームでドライバービューが得意なのとバードビューが得意なのと別れるのと一緒で、感覚的に車の端部が壁にどれくらい離れてるのかわかる人と、この車はこのピラーのこの部分が基準でどこまでなら攻められるとか覚えている人は存在すると思う。どっちがすごいとはないけど。

車離れ

幼い頃を振り替えって考えるとタイヤが付いた乗り物を操る機会は都会では減ってると思う。

私は田舎生まれで、新しい乗り物を手に入れる度に行動範囲が広がる思いで嬉しかったのだと思う。
徒歩より三輪車、三輪車より自転車、自転車よりバイク、バイクより車。

都会では電車やバスでお金さえ払えば何キロも先の街、他県。行きたい所に行ける。しかも車より確実に早く、時間も正確。

車を運転するという疲労を伴っていつたどり着くかわからない手段なんて選ぶ理由がないのでは?
都会出身の新人が、車を買わない理由も納得である。

俗にいう車好きの私は車の中に乗ってる時間が大事であり、到着時間がどうなろうと知ったことではない。それは道に聞かなきゃわからないし渋滞を予想して最善のルートを選択できるかどうかもひとつのスキルだったりする。というか、電車に揺られ、他人と迷惑を共有してまで時間通りの移動に魅力を感じないのである。

車は慣れ

例えば天候。例えば消耗部品。例えば車種。例えば道。
何かひとつでも変わればそれに対応して操作を変えなくてはならないのが車。
電車はレールを走るわけで、道の部分で変わりが少なくなるようにしてる。地下を走るのは用地の話もあるだろうけど天候をキャンセル出来る利点もある。大雨で冠水したりしてるけど。
ちなみに大半の車はエンジンのなかで爆発を繰り返してタイヤを回している。冠水した道を走るのは火を消すのと同じでタイヤを回すエンジンが壊れれば車は走れなくなる。鉄の塊の癖にデリケートな所もあったりする。
なんか、運転の経験をドキュメントにして追体験してもらえればな。慣れていくところの中で吸収率をあげれる気もするな。

まとめ

いつの時代も新人は印象に残ってこそ新人だと思う。変に自分を抑えると、会社生活が窮屈になるから、既に入社してる私たちは新人に対して柔軟に会社の文化を変化させていくべきだと思う。
古いトラックは使いきったら更新するべきなのに、古い文化を現代に対応させていかないのはやっぱ怠慢だよね。