読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の斜め下

We wasn't dead...

無線化による、人間の応答性能への耐久力低下の可能性について

なせだ、なぜリモコンである必要があるのだ。


まぁ、出張で利用したホテルのウォシュレットがリモコンだったのだが、便座に近づけないと反応しない。

壁に固定されてるスイッチパネルじゃなくて、完全に持ち運べるリモコンである。

遠くからお尻を洗わせるプレイか遠くからお尻を洗われるプレイか選べる贅沢仕様。

便座にスイッチはないのである。

紙がないだと?の次に、電池がきれているだと?
流すレバーはあるから、純粋にウォシュレット機能と便座の温度調整なのだが、リモコンにしたメリットを一泊二日では感じなかったのである。

話は変わって
リモコンと言えば、Xbox360が出たばかりの頃ついにコントローラから線がなくなって喜んだ覚えがある。結局デスリングになってオペレーショントロイを買わずに済んだのだが。なんか体験版は持ってた。ガンダムに乗って起動するまでしか出来ないやつ。記憶違いか検索も出てこず。

無線コントローラは今や普通だけど。
昔はむしゃくしゃしてコントローラ投げたら本体が追従してセーブしてねぇーよーと二重の苦しみを味わったものだ。現代人のコントローラ投げと我慢出来ない性格は無線化によるものかもしれないから誰か研究したらどうだ。

SFCとかのコントローラ配線長さとか今思うと許せない。
というよりはSFCは本体もからだのそばに置いておくゲーム機である。カセットフーフーやるわけだし。

逸れた。

リモコンに話を戻すとエアコンのリモコンはどうにかならんのか。
近年のエアコンを使ってる訳ではないが、効きが悪すぎはしないだろうか?
正面に立って受講部にめがけて照射!みたいなノリで押すなら有線でエアコン下にぶら下げておくなりしておけば良いのでは?

という、無線化が人間の我慢の限界を下げる可能性について記述してみました。