読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の斜め下

We wasn't dead...

ガラケーって言葉ひとつでひとくくりできない個性なんだよ

特別お題「おもいでのケータイ」

ということで、DOCOMOSoftbankDOCOMOっていう経歴の私がau様のご企画に乗っかります。

movaから始まるケータイ履歴。勝手にスマートフォンを選択肢から省いてるけどそれはそういう狙いなんですよね?

ソニーエリクソンの確かdocomo SO-701iとかいう機種だったが、物理テンキーはもちろんこの頃の携帯にはゲーム機コントローラーよろしく十字キーがあり、中心には決定ボタンがあったのだよ。
その決定ボタンのアクションで競ったり他機種との種別を図ったりしてたわけ。
だからまぁ、それなりにケータイの形態にwバリエーションがあったわけだ。
ソニーエリクソンは決定キーにジョグダイヤルを採用して来たわけだが、おぼろげな記憶であるが、ジョグダイヤルで上下移動を行うため物理上下キーはなかった。
小型化出来るのかもしれないが、ジョグダイヤルがただのホイールと化す破壊モードになると上下移動が出来なくなるという代物であった。

そしてMovaは終焉を迎える。

FOMAの時代に入ってSHARPをてにいれることになる。この時代のケータイカメラは800Mピクセルであり、アウトカメラ、インサイドカメラで偉い性能差があって、今でいう自撮り用のサブ液晶とかついてるモデルとかあったきがする。

そして、ヒンジ部分の右端部をプッシュすると開くパナソニック。薄さを突き詰めようとしていたよね。

NECはPCマウスよろしくニューロポインター決定キー。俺は好きだったよ。

そんななか、スライドモデルが出ます。
そして、音楽配信が始まります。

へい!ミュージックポーターではしゃいでいただろ。
いまは当たり前になった、媒体を持たない音楽を持ち歩く感覚を。

そんな機能がてんこ盛りになっていくガラケー
次第にメールでの連絡の遅れ、「今何してる?」メール。
返信催促の電話など、なんだそりゃという感覚になり。

原点回帰。開かない。画面は小さい。物理テンキープラス物理十字キー。そんなノキアに恋をして。

iPhoneに行くわけです。3G。

何でも出来る?スマートフォン。楽しいかな?

フリック入力は日本語にはもってこいな入力方法でこれは面白い発明と思ったけどね。


INFOBARとか見ててかっこよかったよ。
MoMAに飾られても不思議じゃないくらい。

画面が大きいんだよね。
スマフォは。

で、やっぱりシンプルイズベスト。
周りがごてごてしていく中、ミュージックプレイヤー、最低限のカメラ。

1台選べと言われたらNOKIANM706iかな。



sponsored by KDDI

グロ注意?)トンボの尻尾(腹)にだな、

今週のお題「何して遊んだ?」

小さい頃、小川沿いの建物を間借りして家族で住んでいた。

今に思えば謎の間取りだった。

そんな頃の遊びと言えば川遊びとかだった。田舎だ。

もはや名前も忘れてしまったけど川には巻き貝が結構いた。
今思えば汚かったのかもしれないけど、小川沿いの道路の路面からは結構下に川が流れてたりしてるところもあったりで冒険気分で歩いていた。

ヒルっていう黒くてうねうねしたやつに血を吸われるとか上級生に脅されながら遊んでたな。

その後ポケモンが流行りだして実際にゲームボーイと通信ケーブルとブロスとの通信ケーブル変換ケーブルを持って友人宅に集まったりしていた当時トレーナーだったわけだが。

ポケモンがきっと開発される前に、僕らはトンボやバッタを捕まえていた。
そして、タコ糸をくくりつけるのである。

そんでもって散歩と称して歩くわけです。トンボは飛んでますけど。

そんな遊びをしていたけど、素直に謝ろう。
ごめんトンボ。

あとは、これやってた人いたら俺もって言って欲しいんだけど、蛙の卵を1ヶ所にまとめたりしてました。
田んぼの水路って所々板で区分けてあって流れのないとこがあったわけ、そこに水があるのかないのかわからんくらいの蛙の卵を集めて入れるという。

あとのことは知らないんだけど。おびただしい卵の量を見てうわぁーとか気持ち悪がって終わりという。
半日位田んぼの隅々を見ては持ち上げて移動という。狂ってるぜ。

ごめんカエル。

SHOWとmuseum

東京オートサロンのまとめとか目にするようになったんですが。

車の隣のコンパニオンの皆さんね、過激っす。

なんかこう、オートサロン行きたいけど、既婚で子持ちには敷居が高くて、色が強すぎて、なんともしがたい人たちが一定量いるのではないかと

フルカスタムという領域の原形をとどめぬ車両も良いし、ヒドゥンみたいな技術、もっと言えばスリーパーみたいな個人的には渋いカスタムと思ってるところをゆっくりみて回りたい。

でも、独り身時代華やかなカーショーを体験することは楽しんでいたわけだし、それを辞めろとは言えないので、

カーショーの日とカスタム技術展覧会みたいな日でわけてくれないかなと。
こんなにカスタムしたったぜーっていうカーオーナーが自慢をしあう1日と、カービルダーがこんな風にカスタムしたんだぜーっていう技術アピールの1日。

どうだろう。カスタムした車が好きな人間と、車をカスタムする手法に興味がある人間。

どうしてもモノを展示する限り、完成した物体を見ることになるんだけど、例えばフレーク使ったパターン塗装が何コートだよとか、オーディオのハーネスレイアウト凝ってるなぁとか、内装が純正のように違和感ねぇわぁとか、それを可能にする技術やらアイデアを完成物から感じれる人は一握りなんかなぁ。

レストア動画とか、分解のタイムラプス動画とか、見ててワクワクする自分としてはカスタムのタイムラプス動画とか試行錯誤の動画とか見たいと思う。

公開する側は嫌だろうけど、決して依頼主に苦労を見せないってのが依頼された側の意地というか本懐って感じ?

【お題】1/3の純情な感情【恋バナ】

今週のお題「恋バナ」

もはや遥か彼方昔の話だよね。

なんかこう、思い返すとくだらないよね。
愛だの恋だの。

今現在愛や恋に生きてる人たちはその他の雑多をないがしろに出来る環境に感謝をする時期が後に訪れるのです。

でも、このお題って恋妻家のプロモなんかな?
妻に恋してるっておかしいと思わないのは私だけ?

真心も下心もあってこそうまくいくんだと思うけど。
重くなく軽くなく


紆余曲折あって結婚しましたがそれは語ればのろけとなるので語りません。

人に話したい恋バナなんて、ある程度底の見えてる感情なんじゃないかなぁと。
かくいう私も相談と言う名前ののろけや愚痴をお互いに言い合っては当時の私達にとって濃厚な時間を過ごしていたのです。

ちょっと聞いてよ彼氏がさー
こないだオレの彼女がー

誰か紹介してよー

そんな会話で終わる。

なんで晩婚化するんだろ、結婚しても恋をしなくなるわけでなし。
結婚も離婚も終わりでもないし始まりでもない。
始まりは出生で終わりは死だと個人的には思う。

結婚して何が変わる。HPが増えることもないし、ルーラが使えるようになるわけでもない。

コスパのいい人生。
確かに通常召喚のコストより、墓地から場に出る方がコストは低いかもだけど、通常召喚で出すことに意義があったりするんだと。

恋愛は大コストを払うことで後に誰に話すわけでもなく楽しめるものに成長する気がするので。

もっとやれ。これを見たやつらが好きな人に好きと言って笑われても何も変わらない自信を持てれば、パートナーに突然愛してると言って空気が止まっても何も変わらない自分を見つけられたら。

練習しなくても言えるだろ。
ただの言葉だ。必要なのは行動だ。

結婚のタイミングなんてあってないようなもんだから

むしろ恋バナだけしてればいいんだよ、何も解決しないし何も進展しないけど、進まないということが必要な時期なんだよ。周りは無駄なことしてないでって言ってくるよ。周りからしたら無駄きわまりない会話だからな。
無駄なことした、こんなものにコストを支払った、何時間たったんだよ。
それを出来るうちにいっぱいやりなさいとやがて子供が大きくなったときに言ってあげれる人間でありたい。
変わる必要を感じたあとの変化量とそうでないときの変化量は全然違うから。

恋だの愛だの騒げ。

あと、息子には男たるものなんちゃららってのを別途伝えようと思います。
娘の彼氏が家に来る。そんな日を心待ちしてる父親でした。
ワシゃ厳しいぞ!若いの!

【バスケットボール】B LEAGUE開幕戦

もちろんテレビ視聴。
アルバルク東京と琉球ゴールデンキングス
セレモニー中継は見れませんでしたが、1Qの最初とハーフタイムショーからは全部見ました。

視聴率は振るわなかったみたい。

なんかこうバスケットボールって俺は大好きだけど、知ってるやつが集まってワイガヤしてて、始めてみる人にはどう映るんだろって思わされました。
フジテレビの中継方法のうんぬんもあるかもしれないけど。
代々木のコートどうなってんの??
一度Bj見に行ったコートだと思うんですが、あんなにコートは光ってなかった。
プロジェクションマッピングなの?とか思って見てたら人には映像が写ってない。
コートが画面。画面でコート。バスケに興味なくてもコートがスゲー。
つうかそれを一応プロリーグでやっちまうってのが酔狂である。

で、冒頭に戻ると、バスケの細かいルールはわりとあって、シュートクロックとかはただ単に数字が減る描写より、数字が大きくなったりすればいいのになとか思った。視覚的に焦らせられるような演出ね。それこそ3Pライン内側とかをどんどん赤くするとかさ。
ゴール・テンディングなんてその最たるものでやってる方もそれになるかどうかわかっててやるやらないを判断出来るか俺には疑問。というか、低い身長ではおよそ起き得ないバイオレーションだったりする。
シュートされたボールが落下してる間(その際リングより高い位置にボールはあるはず)にボールにさわるとダメってなって相手に得点が認められた気がする。

まぁ、細かいことはいいんだよ、パスワークだったりダンクだったり雰囲気を楽しむのが大事だよ。
川淵さんが任されたこともあってJリーグと比較されてるけど、競技が違うんだから周囲の反応が違っても当然だったりすると思う。

サッカーって細かいことが大事なんだろうけど、見ていてゴールの瞬間ってよく知らない俺でも綺麗だなって思えるもの。
で、オフサイドとかだとなんだそれはとか思うわけです。
こないだもボールがラインを割ったか割らないかで騒ぎになったりしてたよね、俺は割ってたと思うけど。

バスケットボールのゴールの瞬間の美しさは正直わかりづらいと個人的に思う。
琉球のエースの3Pはシュートのフォームから軌道から見てて入ったなと思うくらい綺麗だったけど。
そこに至るまでのオフェンスとディフェンスのやり取りが見所だったりするけどそれはそれは地味の一言。
今はわからないけどAND1MIXTAPEとか見てるとやり取りがショーになってて見てて飽きない。けど、プロリーグでやるようなやり取りじゃないと思う。ヘアバンドで目隠しされたりとか服の中をボールが回ったりとか。

ストイックにスポーツとして楽しむバスケットボールとカジュアルにショーとして楽しむバスケットボール。その幅がファン層を拡げてる気がする。
B LEAGUEはどっちとか言うつもりはないけど、ストイックなスポーツとして楽しんでるファンはカジュアルなバスケットボールが好きな人もいることを、カジュアルなショーとして楽しんでるファンはストイックなバスケットボールが好きな人もいることを理解しあっていいとこ取り出来ると良いですね。

最後に、各チームのロゴについて個人的に好きなロゴを画像を乗せずに書きます。
まずはB2 福島Firebonds
フレアにFがあるのと色味が個人的に好きです。
そしてB2 西宮STORKS
ちょっとセルティクスカラーな気もしますが、コウノトリモチーフでSを型どってるように見えます。頑張ればコウノトリがボールを赤ちゃんのように運ぶ絵でSを型どれそうな気もするのでロゴデザイン的に可能性を感じて好きです。
B1からは栃木BREX
もう完成してるデザインで、なんかこうグッズの作りやすさも感じて良いです。あるかもしれないけど、手を入れることのできる大きいロゴのグローブとか爆発的に売れそうな気がします。フリースローの時にバタバタさせそうな光景が目に浮かぶ感じ。

というロゴデザインについての個人的な考察でした。
日本のバスケットボールの発展を願って!

そうか、嫌なのか、じゃぁやろう。

育児である。

俗に言うイヤイヤ期。なんというエネルギー消費。なんというエネルギー浪費。

出来てたことをやらなくなり、やってなかったことをやり始める。それも悪い方向に。
歯ブラシをしなくなったり、
歯ブラシで洗面台を掃除してくれたり。
そして歯ブラシが掃除用にすると、それで歯を磨くと言い始める。なんの罰ゲームか。

誰の命令でそうなるのか。なんかもう言ってることをやってくれよ。頼むから。

すごい疲れる。疲れきってる。疲労。
なんなんだ、その寝ないという気合い。パネーッス。
頼むから寝てくれ。お前が寝ないと眠れんのだ。
いつぞやの枝野さんかお前は。

なぜこんな疲労をしてまで子供に付き合うのか。
我が子だからだよなぁ。

寝ててくれ。
2号を勝手に起こさないでくれ。
2号はテレビ台に乗ってテレビを揺らさないでくれ。
もうなんだ、元気に怪我せず早く育ってくれ。
そういう境地。無我の境地。

無意識に、子供は親のいうことをきくのが普通だという感覚があるけど、あれは嘘だ。
現に我が子は私のいうことを聞いてはいないし。
私も我が親のいうことを聞いてはいない。

イライラするのは当然である、人間だもの。
この衝突に使われるエネルギーはいつか回収出来たと思える日がくるんでしょうか。

イヤイヤ期って終わるのか?

【お題】天才だった頃の俺に【夢と挫折】

今週のお題【夢と挫折】

子供の頃の夢

ちょっと頭おかしい発想だけど、子供の頃
自分が天才だと信じてた。盲目に。

学力的にじゃなくて、なんというか子供的に。

遊びを考えたり、流行りを察知したり、
なんかこう、思った通りに世界が回ってるような感覚が強かった。
事実、思ったものが現実になったり、その方法は半年前位に思い付いてたよってのがあった。

青年期

テストを作成する側の発想を察知して山を張るのが旨かった。
そもそも勉強が苦ではなかったし知識に対する欲は枯渇することは無かった。
というか教科書開くのだけが勉強だと思ってなかったし、それの重要性は半分くらいしか信じてなかった。
現実にはパラメータやスキルについての確認ウィンドウは開けないし、かしこさがあがる木の実も落ちてないわけだ。
教科書を開いてわかんない問題を眺めてる時間も思考を巡らす勉強になってるから、わかんなくても数式を眺める時間は必要だった。
わからないって事実がわかることも重要だったりすると思ってた。
同級生には解法を授け、教師まがいのことをしたりしてた。

社会人←いまここ

社会に出てきてぶち当たる壁という壁の嵐。
相次ぐ認めざるを得ない別の天才の登場。

見慣れない数式。知らない世界が社会には広がってた。
一矢報いるための勉強、勉強、勉強。
何度倒されても起きあがるゾンビのように立ち向かう自称天才。
角度を変えて、見方を変えて、発想を変えて。

挫折して起きたとき目標に近づくことを感じてるうちは、まだ死んでないよね。

夢はまだ半ば、天才に戻ること。

今、世界がつまらないと思うのは自分のやってきたことのせい。
挫折で寝てちゃもったいないから、起きろ、かつて天才だったやつ。
面白くしてみろ。
出来ることやって進む道に目新しさなんてない。
面白くするには未踏の場所に向かえ。

と自分に言い聞かせて天才だった頃の俺に戻ろうと思うんですよ。

自信満々で走ってた精神を取り戻したいね。

なぜそれをお前がやっているのか?と聞かれれば
お前がやっていないからだ。と答えたい。


hold one's own.





Netflix火花お題「夢と挫折」



Sponsored by Netflix